VITRONICのビデオコーディングを利用したスループットの向上と工程精度の最適化

機械で読み取り不可能な住所や、完全に認識できなかった住所は、高速ネットワークを介してビデオコーディングのワークステーションへと送られます。ラベルを含む画像や画像の一部がフリーワークステーションへと送られます。そこでは、訓練を受けたスタッフが画像の回転、ズームインを行って、読み取ったデータをオンラインまたはオンラインで入力します。

オンラインのビデオコーディングとは、データが即時入力され対象物の仕分け準備が出来たことを指します。一方オフラインビデオコーディングでは、仕分けではなく出荷に必要なデータが後工程に追加されます。

機械で読み取り不可能な住所や、完全に認識できなかった住所は、高速ネットワークを介してビデオコーディングのワークステーションへと送られます。
機械で読み取り不可能な住所や、完全に認識できなかった住所は、高速ネットワークを介してビデオコーディングのワークステーションへと送られます。

手書きの住所の詳細は、常に自動で100%読み取り可能ではありません。VITRONICは最新の自動認識システムに加えて、オン・オフラインのビデオコーディングも提供しています。

メリット:

  • 高スループット
  • 人間工学的操作
  • ポップアップメニュ
  • トレーニングモード
  • 詳細な統計
  • 識別位置とビデオコーディング端末が離れていても使用可能
  • 毎時600〜1,000のアドレスを処理
  • 複数のシステムを1台のビデオコーディングステーションに集約可能

お問い合わせ

Yasumasa Kondo

President,
UNITECHNOLOGY Co., Ltd.

ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 52-678-8002


Sales locations worldwide