ロボットビジョン

認識、ピックアップ、検査が同時に可能 - VITRONICテクノロジーを搭載したインテリジェントなロボットビジョン

今日、ロボットビジョンと自動による物体ハンドリングは、工業生産の現場で幅広く使用されています。国際的な競争によって、工程の最適化、コストの削減だけでなく、品質や革新的機能の向上が求められています。また、自動の物体ハンドリングシステムの効率と信頼性、正確なマシンビジョンシステムが必要不可欠です。

認識、ピックアップ、検査が同時に可能なインテリジェントなロボットビジョンテクノロジー
認識、ピックアップ、検査が同時に可能なインテリジェントなロボットビジョンテクノロジー

VITRONICのロボットビジョンテクノロジーの特徴: 従来のビジョンアプリケーションと異なり、VITRONICは複数の機能を1つにまとめました。

VITRONICの2Dロボットビジョンと、3Dロボットビジョンシステムのテクノロジーは、どんなに形状が複雑で不安定なものでも、異なるサイズの対象物を安定して確実に識別し、自動でハンドリングを行います。複雑なパーツやジオメトリの光学的な検査、ポジションと3D座標の計算、そして異なる加工タイプの自動検出をすべて同時に実行できます。VITRONICのロボットビジョンソリューションにより、物体のハンドリング、品質や表面の検査、輪郭や寸法の精度検査を一度の作業で同時に行えます。

このようにオートメーションは、これまで自動化出来なかった生産領域にも適用できます。

いかなるマシンビジョンタスクに対しても、VITRONICは理想的なパートナーとしてサービスを提供します。

お問い合わせ

Katsuhiro Seki

Vice President,
UNITECHNOLOGY Co., Ltd.



ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 52 678 8002


Yutaka Kusuda

Sales & Electric Control, Group Manager,
UNITECHNOLOGY Co., Ltd.

ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 52-678-8002


Sales locations worldwide


 

VIRO 2D

VITRONICの2Dロボットビジョンシステムによって、パーツのポジションを決定するだけではなく、複数のタスクを組み合わせて適用することも出来ます。

VIRO 3D

VITRONICの3Dロボットビジョンシステムによって、どんなに複雑なパーツやジオメトリでも、認識、ハンドリング出来ます。オートメーションを、これまで使用できなかった生産範囲にも適用できるようになります。