認識、ピックアップ、検査が同時に可能なロボットビジョンとVIRO2D

従来の標準的なロボットビジョンとは異なり、VITRONICは複数のマシンビジョン作業を組み合わせて使用できるソリューションを提案します。

認識、ピックアップ、検査を同時に可能なVIRO2D
認識、ピックアップ、検査を同時に可能なVIRO2D


ロボットビジョンソリューションVIRO 2Dは対象物の認識、ピックアップ、検査を一度に行え、顧客のニーズに応じてカスタマイズが可能です。

ロボットビジョンは主に、設定済みの、再現可能で安定したコンポーネンツや、物体の座標ポジションとともに使用されます。ロボットアプリケーション用のコンポーネンツや物体のピックアップ位置を計算するために、基本的な位置と回転位置の残りの座標が決定します。

VIRO 2Dは、2D検査と、さらに設定可能なタスクを通じて、コンポーネンツのサイズ、寸法や品質を同時に検査します。たとえば、2D CFPのカットを識別すると同時に、その寸法が許容制限にしたがっているかを検査します。

VITRONICは、どんなに難しいマシンビジョン作業に対しても理想的なソリューションをワールドワイドでお届けします。

お問い合わせ

Katsuhiro Seki

Vice President,
UNITECHNOLOGY Co., Ltd.



ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 52 678 8002


Yutaka Kusuda

Sales & Electric Control, Group Manager,
UNITECHNOLOGY Co., Ltd.

ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 52-678-8002


Sales locations worldwide