医学 – VITUS 3Dボディスキャナーで人体計測データを取得します。

医療センター、診療所、研究所、スポーツ医学施設や大学は、すべての患者の治療やアスリートのケアのための人体計測データを取得しています。データは、診断のためだけでなく、モニタリングや患者の治療の進行状況の文書化のためやスポーツ選手のためのトレーニングの進捗状況に使用されます。

パフォーマンス診断における3Dボディスキャナー
パフォーマンス診断における3Dボディスキャナー

また、人体計測データは、義肢の製作に使用され、臨床研究や専門家の報告書として書きまとめられます。測定方法は、常に信頼性が高く、効率的かつ測定される身体の負担を避けなければなりません。

VITUS 3Dボディスキャナーは、いくつかのケースでは、放射線に身体をさらすことを含むX線などのメソッドと置き換えることができます。スキャンは、身体や目への一切のリスクをもたらしません。関連するすべての人体計測データを効率的かつ身体に優しい方法で、確実に捕捉されます。これは、分析されていくつかの研究で実証されています。

VITRONICが提供するVITUS 3Dボディスキャナーは、非接触で自動的に人体計測データを取得します。体表面積の包括的な、3D画像は、12秒以内に作成されます。視覚的な診断および測定 - 区別は2つの主要な機能との間で行われます。

視覚的な診断:

人体の3D画像は、姿勢の異なる側面を強調表示することを可能にし、姿勢分析が実行されます。特別に開発されたツールは、このために用意されています。

  • 水平と垂直レベルの変数は、変形を決定するような姿勢制御のためにあります。
  • カラーコード化された深さ分布はスプライン曲線のような身体の対称性を評価で

測定:

測定機能は、人体計測データを取得することができます。これは様々なデータを含む記録を可能にします。

  • 長さ/高さ: 例として太もも、足、肩、SIAS高さ
  • 角度: 骨盤、脊柱前弯角度、脊柱後弯角度
  • 胴回りの輪切り計測

医療分野での応用

  • 小児及び青年の身体発達のスクリーニング
  • 貿易協会検査、職業健診、専門家によるレポート
  • 理学療法や外科的治療の前後の比較、治療経過のコントロール及び文書化
  • 3D画像上のプラスティックマークによる再建手術での手術計画支援
  • 脊柱側弯症のコルセット製作
  • 姿勢解析
  • 血管外科、整形外科による適応義肢の製作

リサーチによる応用

  • 人体計測の研究
  • コホート研究の管理

お問い合わせ

Shingo Takano

President,
Optima-Tech Co., Ltd.



ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 45 470 7120


Sales locations worldwide


 
  • 非接触、わずか12秒での人体3Dデータの取得
  • 信頼性の高いドキュメントおよび測定システム
  • 臨床的にテストされた精度や測定再現性
  • 客観的な測定
  • 手動測定よりも低コスト、低労力
  • 人体にやさしい測定
  • 3Dボディスキャナーの開発と生産の経験から今日に至った、最高の品質と信頼性の実現

 
 
 
VITUS BODYSCAN
測定原理 光学式ダブルレーザー三角測量
センサーの数 8
インターフェース USB ポート, LAN
測定精度 平均最大円周誤差1ミリメートル以下
スキャン時間 約10秒
ポイント密度 300ポイント/cm³
測定範囲
高さ x 幅 x 奥行

2.1 m x 1.2 m x 1.2 m