BFS容器の自動光学検査

BFS容器の自動光学検査

ブロー・フィル・シール(BFS)容器は、液体輸送を扱う様々な領域でご使用いただけます。BFSは、輸液(IVボトル)、洗浄液、消毒剤など、医薬品業界における無菌充填プロセスとして特に適しています。BFSの標準形状は、ボトルならびに目薬など少容量の使い捨て棒状パッケージ(Ophtiole)です。製品の高品質を確保するため、特別にBFSの充填および密封プロセスに合わせた品質検査を行います。

ブロー・フィル・シールボトルおよび小容量使い捨て棒状パッケージ(Ophtiole)における容器、キャップ、粒子の検査を取り扱うVINSPEC HEALTHCAREの概要

BFSのための光学検査システム、VINSPEC HEALTHCAREをライン全体に搭載し、各プロセスごとの自動検査を可能にしています。このインライン検査により、欠陥のある容器を直接はじき出し、欠陥製品がそのまま継続処理されないようにします。

VINSPEC HEALTHCARE自動検査システムは、1時間につき約14000個のペースでBFSを取り扱うことができます。この際システムはBFSの充填および密封に関する検査項目について全領域を処理し、製品の高い品質と信頼性に問題がないことを保証します。

これには梱包およびラベルに記載されるコードや印刷表示などの確認といった品質検査も含まれます。さらに目標とする評価およびプロセス最適化のための検査データを、収量コントロールおよびヒートマップで作成することができます。

以下はVINSPEC HEALTHCAREを使用したBFS検査の詳細です。各検査はお客様のご要望に応じて自由に組み合わせることができます。

キャップの検査は特に「キャップの欠損」ならびに「カバーフィルムの完全性、損傷または欠損」基準を取り扱います。さらに、キャップの溶剤コード表記、およびオプションで側面のラベルを点検します。VITRONICが開発した360°センサーにより、キャップ領域全体の汚れや焼けを調査します。

鋳造リングも同様に上下ともプラスチック材に汚れや焼けがないかを点検します。検査において、キャップのインサート成形によるあってはならない余剰材が容器のネックやショルダー部に付着していないか、システムでも確認が行われます。

ボトル素材の検査では、想定される変形についてボトルの外形を調査します。さらに検査システムで、容器素材内への異物の混入、焼け、ならびにボトル素材内の不均等性またはボトル外側に付着した余剰材を検知します。また、底に製品の残留物がないかもシステムによって点検されます。  

そのほか、BFS点滴ボトルの底の検査では、BFSを吊り下げるために取り付けられたフックの位置の正確性と、形状の完全性も確認します。BFS容器の充填レベルもシステムにより点検されます。

粒子検査でも同様に光学検査システムが導入されます。BFS容器の形成において、粒子は口部分から、または容器への充填時にチューブにより混入する場合があります。そのためシステムでは製品溶剤に浮遊粒子があるかどうかをチェックします。これはBFS点滴ボトルを使用した安全な患者ケアのための重要な基準です。

 

VINSPEC HEALTHCARE検査システムはGAMPおおよびFDA規定によって評価できます。また、VITRONICのトラック&トレース対応システムにより、医薬品の信頼性の高いシリアライゼーションが可能です。

お問い合わせ

Yasumasa Kondo

President,
UNITECHNOLOGY Co., Ltd.

ソリューションやサービスの詳細について

または電話でお問い合わせください
+81 52-678-8002


Sales locations worldwide




socialsharing