移動中での自動重量計による商品入荷と入庫工程の最適化

小売業、通信販売、ロジスティクスや工業企業に関連するハブの保管施設や物流センターには、日々膨大な数の小包や箱が送られてきます。費用をなるべく抑えつつ早急に入荷品を計量、測定、記録し、出荷して適切な場所と時間に配送する必要があります。結果として、郵便料金計算の際に、エラーが頻繁に発生してしまいます。

ロジスティクス企業、サービス請負業者、宅配サービス事業者が、簡単で迅速に、費用対効果のある方法で、(寸法、重量情報で)申告されたデータと実際のデータを比べられる方法として、

VITRONICは移動時の重量計、自動認識システム、自動体積測定システムをご提案します。
VITRONICは移動時の重量計、自動認識システム、自動体積測定システムをご提案します。


VITRONICが適切なソリューションをご提案します: 移動中の重量計、最新型自動認識システムと、自動体積測定システムで構成される完全自動のターンキーソリューションが、不適切な郵便料金を認識し、自動の請求書作成(収益回復)と追加費用の正当的な請求のための基礎を提供します。ハードウェアとソフトウェアは同一のソースからご提供します。

イントラロジスティクスでは、本タイプのターンキーソリューションが、自動で効率的なインバウンド検査向けに配備されています。

メリット:

  • 高いスループット性が必要なアプリケーションに最適
  • 極端条件でも優れた品質精度と正確性
  • 高速の運搬速度に対応
  • MID認証
  • 自動請求書作成(収益回復)のベースを提供
  • 商品がばらばらに配置される場合や、異なるジオメトリを使用する場合も、サイズや重量を容易に処理可能
  • 箱やケースに入った小包や商品、手荷物の品の自動計量
  • 自動認識システム、3次元測定システムと統合可能
  • 認定済みの重量測定

    お問い合わせ

    Yasumasa Kondo

    President,
    UNITECHNOLOGY Co., Ltd.

    ソリューションやサービスの詳細について

    または電話でお問い合わせください
    +81 52-678-8002


    Sales locations worldwide